Apple修理プログラム バッテリーとキーボード

液晶のムラが出て、バックライト修理プログラムを利用したことをお伝えしました。

今回は、バッテリーとキーボードで、再びプログラムを利用しました。

充電ができなくなった。

ある時、バッテリー残量が0%から動かなくなりました。

充電器に接続しても、いっこうに残量が上がりません。

そこで、サポートセンターに問い合わせると、どうやらそろそろ寿命のようです。症状をお伝えすると、2万円の交換を薦められました。

まだまだ買い替えできないし、普段使うのに問題はないので、交換してもらうことにしました。

再び、ヤマト運輸さんによる、丁寧かつ機能的なパックで、5日後、リフレッシュされて戻ってきました。

MacBook proの液晶修理プログラムを経験しました。 そのご紹介です。 オススメできる修理サービスです。 いや、素...

同封されていたレポートを見ると、キーボード一体型バッテリー、とありました。キーボードも新しくなったんですね。

enter keyがしぶくなった

その後、しばらくして、enter keyに違和感が。

反応はあるのですが、クリック感が乏しくなり、タイプしていて気持ちが、少し悪くくなりました。

ゴミでも挟まったかな、と、隙間からブローしたりしましたが、改善せず。

ネットを参照すると、バタフライギーボードの問題ですかねー。

うーん、ホントは買い換えて新しいマジックキーボードのMacbookがいいんですが、バッテリー変えたばかりだしなー。

三たび、サポートセンターに電話しました。サイトから予約を入れ、時間通りにお電話頂きました。(さすが!)

症状をお伝えすると、すぐに、交換させていただきます、とのこと。

そして、またヤマト運輸さんを通して送付、受け取り、なんとこれまでで最短の4日で戻ってきました。そして、無償でした。

さすがは、Appleさんですね。それにしても、MacBook Proのバタフライキーボードは、問題児ですね。Appleさんも大変です。

が、サポートはしっかりしているし、デザインや会社の姿勢は好きなので、しばらく使わせていただきますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする