相馬野馬追(そうまのまおい)に行ってきました。

7月28日(日)、前々から行きたい、観てみたい、と思っていた相馬野馬追に行ってきました。

いつだったか、テレビ番組で相馬野馬追にかける方々を追ったドキュメンタリーを見てから、いつか観てみたい、と思っていました。

郡山に赴任して、コンビニチケットセンターで前売り鑑賞券の情報が出たのを見かけ、チケットを購入しておきました。購入することで、予定も固めてしまおうと。

日が近くなってくると、家族の気持ちを上げるべく、色々と相馬野馬追について軽く質問して、気持ちを上げていきました。

写真撮るの楽しみだね?
すごい迫力らしいよ。
甲冑着て馬に乗るんだって。カッコ良さそうだようね。

歴史などの詳しい話は、自らが興味を持った時に調べてもらえればいいかな。自分もそんなに詳しくないからな。でも、福島県相馬ではこんな素晴らしいことが行われていて、実際に訪れたんだ、という経験を持たせてやりたかったのです。

一般自由席は千円、前売り八百円、中学生まで無料

遠慮しないでもっと取ればいいのにな、と思います。桟敷席や指定席もありますか、皆良心的すぎる料金設定でした。

撮影許可証、抽選のようですが、それを入手しておけば、馬場内に入っての撮影が可能なんですね。来年は、撮影許可証を持って、写真撮影、試してみたいと思います。

競走馬、詳しくありませんが、美しい馬と甲冑をまとい旗をなびかせて疾走する姿に、心が震えました。

日本人とは、こんなにもかっこよかったのか、と。

中学生の息子も、カミさんも、かっこいい、と言っていました。きっと、日本人ではない国の方達も、かっこいいと思ってくれることでしょう。

色鮮やかな旗、美しい馬、そしてかっこ良い相馬の方々。

また来年も雲雀ヶ原祭場地(ひばりがはら)にいきます。前日の出陣から観てみたいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする