音声入力と親指シフト

私は普段 iPhone やMacでテキスト入力をしています。
テキスト入力は親指シフトメインで、 そして、環境によって音声入力を使っています。

親指シフトは、確かにキーボードを押す回数が半分になるので、早く打てます。

ただ、私は未だに苦手なキーがあり、なかなか話す速度でキー入力ができていません。

色々と親指シフトの達人のサイトを見ていると、ほんとに早く入力されているようなんですが、私はまだまだつまづきながら入力しています。

ではなぜ親指シフト続けているかといいますと、それは頭の疲れ度合いが違うような気がするからです。

勝間和代氏のサイトで見かけたのですがローマ字入力は、日本語をローマ字に変換してそれをキー入力しているため、脳は、いわゆる外国語を話しているような働きをしている、というのです。

それに比べて親指シフトは日本語をそのままキー入力できるため、脳は日本語を話している時と変わらないと言います。気のせいかもしれませんが親指シフトをするようになってから頭の疲れ具合といいますか、脳の凝り具合といいますか、だいぶ負担が軽くなったように感じます。

そして、音声入力を一度経験してしまうと、この入力の速さに驚きます。本当にすごいです。

 iPhone であれば Simeji というアプリを使って音声入力しています。

MacであればMacOSの音声入力を使う時もありますが、1番凄いと思うのは Google ドキュメントのツールにある音声入力です。

 Google ドキュメントのツールによる音声入力は、ウェブブラウザの Chrome でないと使えません。ちょっと注意が必要です。

例えば LINE やショートメッセージの返信など、短い文章は、音声入力で入力すると本当に早く打てますし誤字脱字も少ない気がします。

フリック入力も早いのですが結構誤字脱字が多くなったりします。十字に親指を動かす必要があるんですけれどもちょっと斜めになったりすると、違うひらがなを入力し、結果誤字になってしまっていることが多い気がします。

長文の入力も、すごいです。変換もほとんど誤りなく、変換してくれます。
Googleドキュメントは句読点が入らないので、修正が必要です。
Simejiは、句読点もしっかり入ります。これは、感動しますよ。

残念なのは、音声入力のスピードに、私の文章能力がついていかないことです。入力はどんどん進むのに文章が思いつきません。

また人前ではやはり抵抗があります。静かで一人だけの環境でしか使えない、と言うことがネックですかね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする