ペットとしてのハリネズミ

はりねずみを飼うようになって、半年がたちました。

一番気になるのは、ハリが、痛いのかどう、ということ。

結論は、警戒していなければ、ハリ(体毛なんですね)が手に刺さって痛い、ということはありません。

もちろん、油断して、イテッ、という時はあります。

けれども、我が家に来て間もない時は、おっかなびっくりで手袋してました。
今は手袋使っていません。

手ぬぐいやなどで、くるむようにしてやると、多少警戒してハリが立っていても、ヒョイっと、持ち上げることができます。

ペットとしての良い点とそうでない点をまとめてみました。

良い点

  • 臭わない
  • 暴れたり噛み付いたり、が少ない

わたくしは、単身赴任中です。
平日は留守にして、週末に帰宅します。
家に帰っても、匂いが気になることはありません。
排泄物もほとんど臭わないですね。(エサによる効果かもしれません。)

半年間、週末だけのペット、1日に数回、手の上に乗せたりします。
これまでで、3回かな、噛みつかれました。
最初、我が家に来た頃は、結構、強めに噛まれて、痛かったかな。

でも、血が出ることはなかったです。(息子は少し血がにじんでたかな)

今は、だいぶ慣れたせいか、噛まれても甘噛みレベルと、思います。
2回、記憶にありますが、いづれもパクッと、かまれて、数秒したら解放されました。

かまれる理由は、ストレスだったり、指についているエサの匂いだったりするようですね。

たまに、息子が少々乱暴に扱ったりすると、かまれいるようです(笑)。

最初はおとなしく可愛らしく丸まっていても、時間が経つと、イヤイヤ、と体をくねらせて逃げようとします。
それでも、狂暴的な感じは一切なく、ジタバタしている感じて、可愛らしいです(本人は相当迷惑でしょうけど)。

悪い点

  • エサが臭う
  • 昼間ほとんど寝ていて、夜中にしか活動しない

エサが臭うのは、水でふやかした時です。
商品としのエサは、乾燥していて、ほとんど匂いません。

乾燥した状態でも食べてくれるハリネズミもいるそうですが、我が家のハリネズミはふやかさないと食べてくれません。

我が家にやってきた時は、まだ子供でした。
固いと食べれない、というのでふやかすことを推奨されていたのですが、そのまま大人になってしまった、という感じですかね。

我が家では、このエサを使っています。
というか、これ以外は、乾燥ミルワームしか食べてくれません。。偏食。。

昼間寝てばかり。

これは、ハリネズミの習性のようです。
夜行性ですね。

夜、寝静まると、巣箱から出てきます。
回転ぐるまを結構なスピード、時間で回っています。

一目見てみようと、近づいたり、明かりをつけると、瞬時に巣箱に戻ってしまいます。。

なので、我々が見れるのは、寝起きで寝ぼけている状態か、寝顔、ということになります。

この昼間寝てばかり、というのが、面白くない反面、ハリネズミの魅力と思います。

手の上や、膝の上、お腹の上で、そっとしてやると、すぐに寝てしまいます。

その寝顔をみたり、脱力した体重を感じたりすると、なんとも言えず癒されます。

また、背中側のハリは、刺さると痛いくらい固いのですが、おなか側は、いわゆるモフモフ?です。
とても柔らかいですよね〜

おなか側を優しく撫でてやったりすると、これまた癒されます。。

これが、魅力ですね。

最近、よく見るハリネズミグッズ
そしてハリネズミカフェは大人気

手ぬぐい、ハンカチ、文房具、サイトのイラスト、、、

最近、本当によく見かけます。ハリネズミのグッズ。

市内にハリネズミカフェがあるのですが、大人気だそうです。

今日、住宅展示場で、ハリネズミカフェが出張してきていて、ハリネズミを手に持って写真が撮れる、というサービスをやっていました。

ちょっとのぞきにいくと、次から次へと人がやってきていました。

小さな子供から、お年寄りまで、実に様々な方々がやってきては、ぐーぐー寝ているハリネズミを見て、「かわいい-」と、歓声をあげます。

大人気ですね。

うちのはメスなんですが、カミさん、

「オスもほしい、赤ちゃんを育てたい。」

とか言い出してます。。。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする