なぜ9年ぶり?木戸川の鮭祭り 10月20日

福島県楢葉町の木戸川は、本州有数の鮭が帰ってくる川でした。

いや、もしかしたら本州で一番だったかも。楢葉町の松本町長は言われていました。

その楢葉町で9年ぶりの鮭祭りが復活だそうですよ!

10月20日 木戸川漁業協同組合駐車場で9時30分スタートです。

木戸川のサケの頭や骨でだしを取った名物の紅葉汁、奈良は町で昔から愛されるマミーすいとんがふるまわれます!!

なぜ9年ぶりの復活なのか?

鮭は、稚魚で放流してから4年かかって帰ってくるんだそうです。

4年前に放流した稚魚が、今年帰ってくるのですね。

4年前の2015年に避難指示が解除された楢葉町。

その時放流された稚魚が、今年、帰ってきてるんです!!

まさに復興のシンボルです。そして、その復活のお祭りなんですね。

楢葉町は震災で避難された住民のみなさんが、最も多く帰還されている町なんだそうです。

楢葉町「ここなら笑店街」は、建物と人が、笑顔と光に溢れるとても素敵な商店街でした。

周辺にはきれいな芝生に覆われた公園もあり、ドライブ、ツーリングに絶好のスポットでしたよ。

楢葉町には、来年、五輪聖火リレーのスタート地点となるJvillageもあります!

道の駅「ならは」には、温泉もあります!

高校生がふるさと愛で企画した鮭フレークも買えます!

10月20日、ドライブ、ツーリング、観光に楢葉町に行ってみませんか?

 古里の秋の味覚を再び届けたい―。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で中断していた楢葉町の秋の風物詩「木戸川鮭(さけ)祭り」が20日、9年ぶりに復活する。今年は震災後に木戸川産の親サケから採卵してふ化、放流した稚魚が成魚となって初めて川に帰ってくる。力強く遡上(そじょう)を始めたサケの姿に、漁協関係者らは風評払拭(...

おいしいものが食べれて、きれいな街と笑顔が見れて、復興応援ができて、元気をもらえるはずです!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする