Apple watchで便利なこと

Apple Watchシリーズ3を使い始めて2年近くなりました。

LTEのないタイプでアルミの黒、44ミリの一番安いタイプです。

いろいろ試してきて、今は毎日、シャワーや風呂に入る時だけ充電して、ほぼ1日中着用しています。

毎日のちょっとした支払いと、スケジュール、タスク管理にとても重宝しています。

とにかく便利なのが、コンビニやスーパーでの支払い

クレジットカードをWalletに登録し、QUICPayでお支払い。

最近、コンビニなど200円で1ポイント(1円)がほとんどですよね。

楽天クレジットカードだと100円で1ポイントです。

なので、コンビニのコーヒーなど、200円未満の金額だと、ポイントが多くたまります。

まー、わずか1ポイント程度はありますが、心理的に、楽しいです。

(楽天ポイントを、楽天証券でポイント投信積立の支払いに使っています。)

コンビニやスーパーでも、「クイックペイでお願いします。」で、ほぼスムーズに支払えます。

スマートフォンやカードを出し入れする必要がないので、とても楽です。

あえてデメリットをあげるなら、Apple Watchをリーダーにかざす際、手のひらを上に向けるよう、ちょっと不自然な姿勢を取る必要があるところかな。

ボタンを2回押す手間もありますかね(手間とは言えない些細なこと)。

Suica利用で駅の改札を通る時も、左手につけていると、不自然な姿勢になります。通勤で使われるなら、右手に装着した方が良いかもしれませんね。

Suicaだと支払いの時、ボタン押さなくていいようですね。便利。

Walletに登録できるカードにデビッドカードが使えるようになると良いですね。

デビッドカードは、預金口座の残金以上に使えないのが気に入っています。

よりお財布に近い使い方ができると思うのですが、アップルさん、クレジットカード会社さん、なんとかなりませんでしょうか?

スケジュール、タスク管理が便利

次によく利用しているのが、「たすくま」によるタスクとスケジュールの管理です。

今回は「たすくま」についての記載は省略しますが、要は、スケジュールやリマインダーの通知をApple Watchに表示、振動で教えてもらう、ということです。

TODOアプリは、OmniFocusをずっと愛用しております。

最近は、できるだけ、いつやるか、どこでやるか、を具体的にして、カレンダーアプリに入力しています。

Omni Focusに入れる項目は、アイディアレベルのやることだったり、取り急ぎ思いついたことなどを入れています。

「7つの習慣」でいう「inbox」ですね。

やるべき日時や場所が決まっていれば、カレンダーに入力します。場所もできるだけマップで表示されるようにします。

そうすることで、Apple Watchに予定として、やることが表示されます。

次にやること何かな、と、直近のやることが表示されるので、便利です。

「たすくま」は「予定としてのやること」をカレンダーから取り込んでくれて、実施するとカレンダーに記録してくれます。とても便利です。

健康関連のアプリも、とても気に入っています。

ランニングはしていないのですが、毎日歩いたり、立ち上がったりの、運動アドバイスをしてくれます。

睡眠の記録も、無料アプリでしっかりとってくれます。

寝過ぎでしょ。。笑

健康に対する気持ちを持続できるので、気に入っています。

他にもSiriでタイマー測ったり、音声でテキストメモとれたり、と、毎日が楽しくなる仕掛けがいっぱいです。

Apple Watchにご興味のある方は、とりあえず試してみることをオススメします!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする